会社概要

SINCE2000

2000年5月

世維通社(SWT社)は、光、電子部品の開発、生産、販売を行うハイテク企業として北京に設立されました。資本金6000万中国元(日本円で約9億円)

 

2001年

SWTが燕郊高新技術開発区(YiaoJiao National High-Tech Industrial Development Zone)で出資し、国内初LiNb03モジュレータとInGaAs PDの量産ライン開発を果たした。4000平方メートル、業界最高基準の光、電子部品生産クリーンルームを持ち、2005に「国家級高技術産業化模範工程」を評価され、2009年に国家ハイテク技術賞など獲得しています。

 

2012年6月

北京市科学委員会重大研究計画のサポートで変電所用高性能光ファイバー電流センサの開発をはじめ、2014年2月にSWT製の110kV光ファイバー電流センサが中国電力科学研究院の電子式センサ性能試験に合格し、中国初に合格したモデルになる。

 

2014年8月

研究計画が順調に北京市科学委員会専門家の監査を合格。研究院の専門家より社内独自の知的財産権が認定され、国際レベル指標にも達成した。

 

2014年9月

「自主知的財産権光ファイバー電流センサ【中国チップ】開発成功」で特集記事として中国科学技術部オフィシャルサイトに報道された。

 

2016年7月

中国計量科学研究院がリードし、中国国内優秀な専門家達を集め国家優先研究開発計画「重大科学設備開発」「広帯域大電流測定器の研究と応用」項目に申請。SWTは核心参加要員として、小型化高性能直導波モジュレータの研究政策、光ファイバー広帯域大電流測定器の開発、性能試験、標準工程化、量産化業務を担当。そしてSWTの名を乗せた光ファイバー電流センサが校正領域で認定された。

 

現在、SWTでは業界に最も健全な光ファイバー電流センサ製品ラインを保有しています。

自社開発、製作した核心部品:SLD、直導波位相モジュレータ、PIN-FETの開発、量産能力により、お客様のニーズに合わせてアイテムをカスタマイズ;光ファイバー電流センサのフルシステム、テスト設備や装着アドバイスなども提案できる。

 

電力、冶金、校正、他特殊産業のお客様に信頼できる製品とプロフェッショナルなサービスを提供しています!